22卒動向から読み解く、採用の未来と23卒採用戦略【前編】

急速にオンライン化が進んだ新卒採用。2020 はまさしく激動の1年となりました。 採用担当者はもはや「前年踏襲」を続けるのではなく、採用戦略そのものを考え、組み換えの必要があります。

2021年114日に、就活生の3人に1人が使うオファー型新卒採用サービスOfferBoxを運営する株式会社i-plugと、800社以上に採用管理システム『SONAR ATSを提供するイグナイトアイ株式会社(現・Thinkings株式会社)が共催しました。本セミナーでの内容を、レポートにしてお届けします。

前編ではi-plug社のアンケート結果をもとに、いま新卒採用にはどんな変化が起きているのか、企業側・学生側の両面から考えを深めていきます。

登壇者紹介

直木 英訓 氏
株式会社i-plug 取締役 COO
1981年石川県生まれ。2004年立命館大学政策科学部卒業。2016年グロービス経営大学院大学経営研究科経営専攻修了(MBA)。新卒で株式会社インテリジェンス(現パーソルグループ)に入社。アルバイト・パート事業で営業と企画のマネジメントを務めた後、新卒紹介事業の責任者に就任。2014i-plugの取締役に就任し、東京オフィスの立上げに従事。現在は営業、マーケティングを統括。

22年学卒・企業の最新動向

株式会社i-plugは大阪本社の設立からまもなく10期目になります、従業員数約140名の会社です。新卒版のダイレクトリクルーティングサービス『OfferBox』を運営しております。『OfferBox』は、簡単に言うと就活生に企業からアプローチできる新卒採用サービスです。おかげさまで学生の登録は2021年卒で146000人、2022年卒は昨年対比でだいたい130140%ぐらいの成長率で登録いただいています。 利用企業数も順調に増えておりまして、7000社以上の企業様に使っていただいております。

では早速、22年卒学生の皆さんの就活動向を見ていきましょう。2021年末に弊社でアンケートをした結果をご紹介します。

・サマーインターンシップへのエントリー企業数

まず、サマーインターンシップの参加状況です。約9割の方々がインターンシップに参加しております。インターンシップ情報収集の社数、こちらは10社以内と50社以上で二つのボリュームゾーンが存在しています。

・サマーインターンシップへのエントリー企業数・参加企業数

続いて、エントリーインターンシップへのエントリー企業総数です。2〜5社、それから6〜10社、ここがボリュームゾーンとして存在しています。11社以上に目を向けると、3人に1人が11社以上エントリーしている点は注目すべきポイントだと思います。

続いて、参加企業の総数です。エントリーをして実際何社に参加したかというと、25社が半数以上になります。

・エントリーする企業の選択で重視した点

「志望する/興味ある業界」が90%、ほとんどの学生さんがここを回答しておりますね。「インターンシップの内容」というものが2番目。20卒、21卒向けの調査回答と比較したときに「志望する/興味のある業界」を重視してインターンシップにエントリーする、という割合が10ポイント以上増えているというのも注目です。

・オンラインによる参加機会の拡大

続いてオフラインによる参加機会の拡大ですが、「開催地の都合からオンラインでないと参加ができなかったインターンシップに参加しましたか?」という質問に対して約6割の方が「参加した」と答えております。オンライン化で地域を超えた出会いの機会というものは広がっていると言えます。

・実施形式による志望度の変化

続いて実施形式による志望度の変化です。インターンシップに参加することで志望度はどう変化したかを、オンラインとオフラインでそれぞれ回答をいただきましたが、 志望度の差はほとんどありませんでした。

・実施形式による志望度に影響したもの

そして、「実施形式による志望度に影響したもの」です。こちらもオフラインとオンラインでアンケートをとったところ、オンラインではオフラインに比べ、「業務内容」「事業内容」が志望度に影響しやすいという傾向が出ています。一方で、オフラインは、「接した社員の方とのコミュニケーション」が志望度に影響を及ぼしやすい傾向が見られます。

・インターン実施後に期待すること

続いて「インターン実施後に期待すること」です。一番多いのは「特別選考」です。学生の皆さんの中においてもインターンシップの後に選考があることに期待する、というような傾向が強まっています。ここまでが学生さんのアンケート結果のトピックです。

 

企業の22年卒採用動向

・採用予定人数の変化

2020年)5月の調査と12月の調査の比較をしておりますけども、12月調査では当初より、採用予定人数が増えたという回答が増加しています。従業員規模で見ると300名未満で増やした企業が多いですね。5月はコロナの影響もあった(ため悲観的に予測した)と思います。そのタイミングと比較して、12月時点でこのような(増加した)形になっております。

 

・秋・冬インターンシップの開始時期

続いて秋冬インターンシップの開始時期です。こちら「22年卒学生の秋冬インターンシップの開始はいつ頃にしますか」という設問に対して、「実施しない」と回答した企業の皆さんが3割いらっしゃいますね。

内訳をみるとそのうちの75%21卒を終了しているので、「21卒がまだ実施中のため忙しいから秋冬は実施せず」という企業さんではなくて、意図的に「秋冬はもうやりません」という企業の皆さんが3割ほどおります。

・インターンシップの実施プログラム

続いて、インターンシップの実施のプログラムですけども、こちらオンラインとオフラインそれぞれとっておりますが、「職業体験」および「オフィスや工場等の見学ツアー」などはオフライン開催する際に多いコンテンツになっております。その他はオンラインとオフラインで実施コンテンツに差はないですね。

 

22卒内定出し時期、内定出し例年からの変更、内定出しを早める理由

続いて22卒の内定出しの時期ですけど、こちらは「20212月から5月」が約6割となっております。こちら内定出しの例年からの変更を見てみると、5月の調査時点よりも12月の調査時点の方が全体的に「早める」という回答が増加しております。その理由としては「市場が早期化しているため」という回答が約6割でございました。

 

・今後自社の採用活動はどのように注力していくか

全体として個別型対応に取り組んでいく企業が多くなってきているというような傾向があります。

 

・市場動向まとめ

学生さんはコロナ禍においてもインターンへの参加意欲は高く、志望もしくは興味がある業界でのインターンシップを選ぶ傾向にあります。

地域差を超えた出会いの機会が広がっています。そしてインターンシップのオンラインオフラインの志望度の差は出ないが、影響を与える項目には差がありそうですね。 インターンシップ参加後は特別選考を求める傾向が昨年よりも増加しています。

企業の皆さんは、採用の目標数は、ほとんどの企業が前年並み。内定出しの時期は早期化、オンラインではなかなかやれないような職業体験とか、会社の雰囲気を伝えるようなものがオフラインのインターンでやっているということ、それからインターンシップを実施しない企業も出てきており、早期接点に変化が起きています。そして採用手法に関してはマス形から個別化に進んでいます。といったような動向となっております。以上です。

後編へ続く

煩雑な採用業務を見える化・自動化しませんか?
採用管理システム『SONAR ATS』は、800社以上の導入実績。
煩雑な採用業務を可視化し、自動対応で効率化して、あなたをお手伝いします。
資料無料ダウンロード
SHARE
この記事の著者
SONARイベント・セミナー事務局
SONARイベント・セミナー事務局

採用管理システム『SONAR ATS』の運営・主催により、採用の最新ナレッジをお伝えするセミナーを随時開催しています。体系的な採用戦略から最新の採用トレンドまで、毎月様々テーマをお届け。最新のセミナーはこちらからご予約いただけます。

お問い合わせ

採用管理システム
SONAR ATSに関する
ご相談はこちら

お悩みごと、不安なこと、お気軽にお問い合わせください。
専門スタッフがさらに詳しくサービス内容についてご説明します。

導入事例やATSのメリット丸わかり!採用におけるお役立ち資料を
無料でプレゼント!
イベント・セミナー

採用管理のヒントを積極的に発信しています

  • 各業界を代表する企業が実践する「特別ポジション配属確約採用」の最新事例とは? -設計と実行のポイントを徹底解説-
    時間
    14:00-15:30
    会場
    LIVE配信
  • 【ご好評につき再開催】どこよりも早い23採用~求める応募者を採用するためのKPI&フロー設計~
    時間
    15:00-16:30
    会場
    LIVE配信
  • オンライン採用、どう乗り切る? オンラインでの見極め、フォローで気を付けるべきポイント
    時間
    11:00-12:30
    会場
    LIVE配信